酔った勢いで待ち合わせ

先日、飲みに行った帰り、物凄くムラムラし、セックスがしたくてたまらなくなりました。
その日は、しばらく夜勤と残業続きで仕事場と自宅を行ったり来たりしていた週の最終出勤日で、ようやくその重圧から解放されたのと、毎日オナニーもせずに寝ていたので溜まっていたのもあり、友人と気持ちよく飲んだ後、そのまま帰りたくはありませんでした。

しかし、風俗へ行こうにもまだ給料日前という状態。
私は、何か良い方法はないかと思ったところ、以前に登録した出会い系アプリを思い出しました。
確か、その中にはセフレ募集の記事を出していた女性もいたなと思い、何となく開いてみたところ、私の記憶通り、そういう女性がたくさんいました。

その中から今近くにいる女性を探し、片っ端から声をかけたところ、私も今すぐセックスがしたいという女性が見つかりました。
こんな急な誘いに乗ってくるなんてどんな女性かという不安はありましたが、集合場所に行ってみたところ、白のワンピースを着た、ごくごく普通の女子大生で、逆に酔いがさめる程驚いてしまいました。

念のため自分で良いのか確認したところ、想像していたよりも小ぎれいな人で安心したと笑みを浮かべてくれました。
それならば話は早いと、二人ですぐにホテルへと直行しました。
正直、こんなに簡単に女性が釣れるなんて思っていなかったので、出会い系アプリのポテンシャルに、ただただビックリするばかりでした。